Chromeで動画再生するとたまにフリーズする場合の対処法

ChromeでYouTubeやニコニコ動画等、HTML5動画を再生するとき、たまにフリーズしたり緑色になったりする場合の対処法を紹介します。

原因

ハードウェアアクセラレーションによる原因である可能性が高いです。ハードウェアアクセラレーションとは、ブラウザにおける映像処理を、CPUではなく、CPU内蔵グラフィックやGPUを用いて主なう方法です。しかし、CPUを用いるソフトウェアレタリングと比べてグラフィックドライバーなどとの相性によって安定に影響を与えることがあります。

空きメモリ・空きディスク容量を増やす

Google Chrome以外のソフトを終了させたり、タブの数を減らしたりしてみて、空きメモリを増やしてください。
また、PCのいらないファイルを削除したり、ゴミ箱を空にしたりしてみて、空きディスク容量を増やしてください。

動画におけるハードウェアアクセラレーションを無効にする

試験運用設定で動画再生におけるハードウェアアクセラレーションを一部無効にしてみてください。
chrome://flags/
にアクセスし、「Hardware-accelerated video decode」または「ハードウェア アクセラレーションによる動画デコード」(Control+Fで検索するとすぐに見つかります)を無効にし、Chromeを再起動します。

ハードウェアアクセラレーションをすべて無効にする

それでも解決しない場合、Chromeにおけるハードウェアアクセラレーションをすべて無効にしてみてください。ただし、WebGLが使用できなくなったり、ページ表示速度が落ちることがあります。
右上のメニューを開き、設定をクリックします。
左のメニューから、(1)「詳細設定」、(2)「システム」を選択し、「システム」設定を開きます。
「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」のチェックを外します。
このあと、Chromeを再起動し、再度再生してみてください。

Chromeのバージョンが古い

Chromeのバージョンが古い可能性があります。
右上のメニュー→ヘルプ→Google Chromeについて
よりChromeを最新版にアップデートします。

Chromeがベータ版になっている

Chromeのバージョンが不安定版の可能性があります。
右上のメニュー→ヘルプ→Google Chromeについて
よりChrome バージョンの語尾が「Beta Build」または「Dev Build」などになっている場合はアンインストール後、安定版を再インストールしてください。「Official Build」の場合は問題ありません。

ディスプレイドライバーをアップデートする

ここまでの対処法で殆どの場合解決しますが、それでも動作しない場合、ディスプレイドライバーと相性が悪い場合があります。
ディスプレイドライバーを最新版にします。OSのアップデータで候補に挙がっていないか確認してください。なければ、手動でインストールします。

Windowsでのドライバー更新方法

Windowsの場合、Windowsキー+Rキーの同時押しの「ファイル名を指定して実行」から「mmc devmgmt.msc」を実行します。
デバイスマネージャーから「ディスプレイ アダプター」を選択して現れたデバイスに対して右クリック「ドライバーの更新」を選択します。
最後に「ドライバーソフトウェアの最新版を自動検索」をクリックします。
この方法で更新できない場合はデバイスのメーカーへ最新版のドライバーをお問合せください。

諦める

これで解決出来ない場合、パソコンのメモリ・ディスク容量やスペック不足が考えられます。また、他のブラウザでも試してみてください。Windowsの場合はEage、Macの場合はSafariを用いてみてください。