Djangoで全ページキャッシュ禁止にする方法

WSGIサーバで動作させているDjangoのWebサイトで、全ページにHTTPヘッダーを付加し、キャッシュ禁止にする方法を紹介します。

キャッシュ禁止にしたい

WSGIサーバで動作させているDjango2.2のWebサイトにおいて、全ページにキャッシュ禁止のHTTPヘッダーを付加し、キャッシュ禁止にしたいときがありました。
下記を参考に、ミドルウェア(プラグインのようなもの)を追加し、対処します。
ミドルウェア (Middleware) | Django ドキュメント | Django
https://docs.djangoproject.com/ja/2.2/topics/http/middleware/

ミドルウェアの追加

モダンブラウザであれば、Cache-Controlヘッダーのみで十分なキャッシュ制御ができます。
Cache-Control - HTTP | MDN
https://developer.mozilla.org/ja/docs/Web/HTTP/Headers/Cache-Control
Cache-Controlヘッダーを追加するために、例えば /app/middleware/nocache.py にミドルウェアのPythonファイルを作成します。
from django.conf import settings
from django.utils.deprecation import MiddlewareMixin

class noCacheMiddleware(MiddlewareMixin):
    def process_response(self, request, response):
        response['Cache-Control'] = 'private, no-store, no-cache, must-revalidate, no-transform'
        return response

setting.pyを編集

setting.pyMIDDLEWARE変数に今回追加したミドルウェアを追加します。
MIDDLEWARE = [
    'app.middleware.nocache.noCacheMiddleware',
]

動作の様子

Djangoレスポンスの例(developモードON)