チームでヨットに乗って楽しく有意義に振り返り! Sailboat Retrospective

目次

はじめに

スクラムのレトロスペクティブ (振り返り) で著名なフレームワーク Sailboat Retrospective (帆船の振り返り、帆船アジャイル手法) を紹介します。

背景

皆さんのチームでは、振り返り時にどのフレームワークを使用していますか?
以前私たちは、KPT 法を使用していました。付箋を 「Keep」 「Problem」 「Try」 に分けて貼っていく手法です。
この手法では、ドキュメント化して報告しやすいという利点がありますが、次のデメリットがありました。
  • 何を書けばいいのかわからない
  • プロダクトゴール、スプリントゴール以外のことに話が発散してしまう
  • 反省会になりがち
  • 短期的・長期的な事柄が混ざってしまう
そこで、私たちは、スクラムのレトロスペクティブで主流 (要出典) な Sailboat Retrospective (帆船の振り返り、帆船アジャイル手法) というフレームワークに切り替えました。

Sailboat Retrospective とは

ゴールに向かっていく、ヨットをイメージしたイラストに付箋を貼っていきます。
ホワイトボードに下記の 6 つを書き込みます。チームの特性に応じてカスタマイズできますが、チーム内で共通認識を持つようにしましょう。
要素意味
Sailboat (ヨット)進捗 (スプリント)
Island (島)チームが達成したいゴール (プロダクトゴール・スプリントゴール)
Sun (太陽)嬉しかったこと (ゴールと関係なくても OK)
Wind (追い風)ヨットを進める追い風、チャンス
Anchor (錨)ヨットを遅らせるブロッカー
Reef (暗礁)ヨットを座礁させる将来的なリスク
Sailboat Retro Created by Brody (CC BY 4.0)

書き方

ホワイトボートツールであれば、テンプレートが用意されているのでそのまま使えば OK です。
ホワイトボートツールのスタンプで盛り上げましょう。一方、話したいことは特定のスタンプでドット投票し、別途話し合いをして action を決めます。
下記は、仮想のスプリントでのサンプルです。
Sailboat Retro Created by Brody (CC BY 4.0)
Sailboat Retro – Figma
https://www.figma.com/community/file/967321073661280669
チームのための、帆船のふりかえりテンプレート & 例 | Miro
https://miro.com/ja/templates/sailboat-retrospective/
オフラインであれば、みんなでワイワイお絵描きするのがおすすめです。チームのムードが絵に現れてきます。

まとめ

Sailboat Retrospective (帆船の振り返り、帆船アジャイル手法) を用いることで、殺伐で混沌としたレトロスペクティブ (振り返り) を一転させ、より楽しく、有意義な振り返りにすることができます。
簡単に運用できるのでぜひ試してみてください。

シェア

Twitter
Facebook
はてブ
LinkedIn
LINE
Pocket