コンパクトなクーラー「SST-AR11」をスリムケース「NODE 202」に入れてみた

超小型CPUクーラー「SST-AR11」をスリムケース「NODE 202」に入れてミドルレンジゲーミングPCを組んでみた記録です。

PCの環境

現在のPCの環境は下記のとおりです。
CPUIntel Core i7-7700 @3.60GHz → OCなしでTDPは65 W
クーラーRAIJINTEK ZELOS → 壊れた!
ケースFractal Design NODE 202 → CPUクーラーの高さ 56 mmまで!
こちらで組み立ての様子を公開しています。
スリムケースNODE 202でミドルレンジPCを組んでみた
https://bicstone.me/fractal-design-node-202/

RAIJINTEK ZELOS が壊れた

CPUクーラーが壊れるという人生初の経験をしました。
このクーラーのボルト部は、六角の穴に六角のボルトを接着剤で固定しているのですが、接着剤が溶けて(熱で?)、ボルトが空回りする状態になったのです。外すのに1時間以上かかりました。また取り付けたら二度と外せない気がしたので廃棄することにしました。
レビューサイトでも何件か報告がありました。代理店も把握しているみたいです。
価格.com - 『ナットの締めすぎにはご注意を』 RAIJINTEK ZELOS 0R100003 Ayum.さんのレビュー評価・評判
https://review.kakaku.com/review/K0000673972/ReviewCD=1017872/

新しいクーラーを購入

新しいクーラーを購入しました。Silver Stoneの「SST-AR11」です。
前のクーラーの作りがあまりにもだったので、RAIJINTEKを除いて、できるだけ許容TDPが高く、高さ 56 mmまでのクーラーを探して見つけました。
Amazon | SilverStone ARGONシリーズ 高さ47mmロープロファイルCPUクーラー H.D.C構造 SST-AR11 | Silver Stone | CPUファン 通販
https://amzn.to/3tZ7NTX
パッケージです。やはり小さくていいですね。
このCPUクーラーを選定した理由として、ヒートパイプが4本あり、しかもとてつもない折曲げをしていて感銘を受けたからです。できるだけヒートシンクを大きくしようとする設計でよく冷えそうです。
実際に、許容TDP 95 WとのことでIntel Core i7-7700はかなり余裕があります。Intel Core i7-7700kでも91 Wなのでまだいけます。

ファンが五月蝿い

しかし、この付属ファンがとても騒音が大きいです。低速でもモーター音と振動が多く、スリムケースではかなり音が響きます。
そこで、ファンはRAIJINTEK ZELOSのものに置き換えました。同じ92mmファンなので互換性があります。
全速での騒音比較の動画です。
圧倒的にZELOSが静かですね。クーラーは完全に壊れましたが、ファンだけでも使い回せてよかったです。
ということで付け替えました。これが、RAIJINTEK ZELOSですと言っても気付かれなさそうですね。実は、組み立ての記事では、RAIJINTEK ZELOSですと言いながらSST-AR11に付け替えた後でしたw。

(余談)トリックアートみたいな写真

適当に写真撮っていたらおもしろい写真が撮れたので貼っておきます。
ヒートパイプの間の金属が浮いているように見えませんか??
実際はこのようにヒートパイプが削られて平面になっています。

取り付け

取り付けは最近のCPUクーラーでよく見かけるネジ止め式です。バックパネルはありませんが、軽いので問題ないでしょう。
ギリギリで取り付けれました。ギリギリなのはウキウキしますね(?)。
コンデンサとの隙間は紙1枚くらいです(!)。
メモリとの隙間は十分ありました。
USBとの隙間もありました。
測定はしていないのですが、CPU100%でも70度超えていませんでした。ファンが高速で回れば十分に熱が放出できていました。
しかし、通常時に思ったより温度が上がりファンが回る傾向はある気がします。熱が籠もりやすいということなので、ケースの問題かもしれません。

@bicstone

大石貴則 (Ōishi Takanori) と申します。 Webエンジニア / セキュリティスペシャリスト / 機械エンジニア です。 プロダクトに幅広く携わり、相互成長し続けられるエンジニアを目指しています。

GitHubLinkedIn