SVNでエラー「E120106」が発生する場合の対処法

はじめに

Subversionでエラー「E120106: ra_serf: The server sent a truncated HTTP response body.」が発生してチェックアウトできない場合の対処法を解説します。

SVN でチェックアウトができずに詰む

svn checkout をしている途中で、「E120106: ra_serf: The server sent a truncated HTTP response body.」が発生して止まってしまいました。しかも、作業コピーの状態が中途半端なため、再度の svn checkoutsvn update もできない状態で詰んでしまいました。

原因

巨大なリポジトリでチェックアウトに時間がかかる場合、サーバーの設定が不適切で、タイムアウトが短かかったり回線が不安定な場合にサーバーとの接続が切断されてしまうことで発生します。

対処方法

原因療法 1

リポジトリのファイル容量やファイル数を減らすことで、タイムアウトを防ぐことができます。

原因療法 2

サーバーの設定の見直し(Apacheの場合httpd.confの Timeout を大きく)することでタイムアウトを防ぐことができます。
httpd.confの設定例です。
Timeout 60000

対症療法

エラーで中断した後に、クリーンアップを行うことで、アップデートを行うことが可能になり、再度レポジトリからのコピーが再開できます。
svn: error: E120106: ra_serf: The server sent a truncated HTTP response body.
svn cleanup
svn update

ホームプロフィール外部リンクのため、別ウインドウで開きますプライバシーポリシー

時間のないサイト運営者リング外部リンクのため、別ウインドウで開きます

© 2024 Oishi Takanori / Made with Gatsby.js